トレンドを意識して

二段ベッドを手に入れるのならインターネット通販で値段やデザインをチェックしましょう。カラーバリエーションや使用されている素材、強度や使用年齢などの条件を決めておくと、選びやすいと言えます。

詳しく読む

インテリアに凝る

コンパクトなベッド

二段ベッドは、あらゆるベッドの中でも最も「便利」という特徴を色濃く持つベッドです。
何が便利かって、もちろんそれは二段であることで、部屋の省スペース化が可能だということです。単純に考えてみても、横に並べるよりも、縦に並べたほうがスペースを取らなくて便利じゃない!ということが言えるわけです。
やれ狭いとか小さいとか、猫の額みたいだとか、日本の住宅は「ミニ」ということがやたらと強調されます。そしてそれは事実でもあります。
特に、都市部にお住まいの人は、人の数と土地の広さのバランスがギリギリであるということに、今や気づいていらっしゃるでしょう。
そんな状況の中、考えなければならないのはなるべくコンパクトな家具や暮らしの形を確立することであり、そこで二段ベッドが大活躍するのです。
子ども部屋にひとつの二段ベッドがあるだけで、家の中は劇的に爽やかに、広々とした感じにすることが出来るのです。

さらに、コンパクト

特に日本のベッドメーカーは、狭くて小さな日本式の住まいに合わせた二段ベッドの開発に余念がなく、ひとつのベッドそのものを小さめに作り、それを2つかさねて二段ベッドにするという発想を生みました。
「ベッドから省スペースを」ということが、まさにスローガンとして掲げられているのです。
海外基準の2メートル前後のベッドという考えをやめ、180センチかそれ以下のサイズのベッドを開発し、それを二段構えにするという商品を開発しています。
そしてさらにすぐれたメーカーの商品となると、重ねていたのをバラすことが出来るようにして、2つ横並びに置けるようにしているものもあるのです。
くっつけて、手摺を取っ払い、その上にマットレスを敷けば、それはキングサイズのベッドに早変わりなのです。
お兄ちゃんお姉ちゃんが独り立ちしたあとは、ふたり分だった子ども部屋もひとりで広々使えます。そのとき、余裕たっぷりのデカサイズのベッドを使えるようになるというわけです。

メリット

二段ベッドのメリットはたくさんあります。省スペースになるというのはもちろんのこと、二人兄弟にとても適しています。種類によっては、子どもが大きくなって部屋が分かれたときにベッドを2つに分けられます。

詳しく読む

フレームの種類

普通のベッドもそうですが、二段ベッドは特に、フレーム選びの楽しさがあります。素材や色、デザインから選ぶことができ、自分好みのインテリアにすることができます。DIYを組み合わせるのもいいでしょう。

詳しく読む